ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

ぐて

心の変化と進化と軟化……そして真意へ

今日は飲み会の帰ってきたところ。 それなりに酔って帰ってきた。 仕事場の飲みごとが終わり、個人的な店に飲みに行き、我が家に帰ってきた。 全てが今の彼女と一緒に。 本当ならここに書けないほどセックスに勤しんでいるはずだった。 当然の流れで抱き合っ…

明日、捨てるもの

今の土地、家に住んで六年が経とうとしている。 物をあまり持ちたくないと思っていたが、六年もいるとそれなりに増えているもんだ。 縁があって付き合っている彼女と一緒に住む事にしたんだ。 今の家に移り住む時、衣類と机だけだったのを思い出した。 初日…

ココアで目覚める夜

気持ちのはけ口として日記を書こうと思っていたが、書きなぐる元気すら失っていた。 いつの間にか書かない日常に慣れてしまい、振り返れば何もせずに過ごす日々に浸っていた。 最近の物忘れの酷さに嫌気が差し、そろそろ無気力な成長ストップ野郎になるので…

悪魔の罠

人の悪口、陰口はよくない。 わかっちゃいるけど、ついつい口がすべっちゃう時がある。 後戻り出来ないのは間違いないので、後悔と罪悪感を抱えて進むしかない。 よく『悪口は自分に返ってくる』と聞く。 言ってるなら言われてるって事だろう。 あと、脳内で…

姿なき影の重み

日頃の疲れもあったのだろうか、珍しく休日の昼間に眠くなってしまった。 畳んだ布団を枕にして毛布を被って眠りに落ちていた。 軽い睡眠だったんだろう。ぼんやりとした意識があった。 目覚めてはいないのだけれど感じ取ることができる。 誰もいるはずのな…

帰り道

冴えない夏が過ぎてしまったな。 特に何もなく、何も起きてない変化なき日常を送ってしまう。 こんなにつまんないもんだったか? 仕事で疲れ、休みの日は何もしないで休む。 そんなのが繰り返しで過ぎてくとね、何が楽しくて働いてるんだろうか? とか、考え…

夏の間にか

いつの間にか夏になってたね。 蝉は鳴くし、太陽の照り角度も変わってたし、カレンダー見たらもうすぐ8月。 今年の夏はどうかといえば、だらっとしてる何もしてない夏である。 指の怪我でジムやピアノは芳しくないし、職場はストレスばかりで面白くない。 …

ナカノラ書状

頭の回転が芳しくないと自分で思う。 言葉を知らず、伝えたい事が綺麗に伝わらずスマートではない。 会話という形式では論点がズレてしまうし、熱を帯びた言葉では売り言葉に買い言葉になってしまう。 なかなかうまくいかないもんだ。 仕事上での報告、提案…

足裏インシデント

一昨日、急に足の裏が痛くなった。 歩くのもままならん痛みだったので病院へ。 ついでに手首と指の痛みも診てもらおう……。 レントゲンを何枚か撮る。 診断結果は足底筋膜炎ではなかろうかとの事。 原因は不明。 手首と指の原因ははっきりしているので安静に…

恋愛ではなく、セックスがしたいんだ。

鹿児島へ行き、濃い一日を過ごし、体感したものを六月から吐き出してゆく……。 てな予定でありたかったのだが、さして変わったところはない。 より独りぼっち感覚が強くなった事だけだろうか。 「誰もいない」ではなくて、「誰ともいられない」 もう疲れちゃ…

184枚のコイン

去年のいつ頃からだっただろうか……。 500円玉貯金をしていた。 買い物をして500円玉が出来れば貯金箱に入れてた。 1日1枚とまではいかなかったけど、けっこう入れていたつもりだ。 今日、銀行に行き両替してみた。 本当は貯金箱がぱんぱんになってか…

脱出しなくてはいけないな。

気力が上がらない日々を過ごす毎日です。 心が満たされる事がなくてね、だる~い暮らしをしてます。 貯金箱に6万くらい貯まってそうでね、それ使ってどっか旅行しようかなと。 そういえば、鹿児島行った事ないな。 知覧に行ってみようか……連休を利用してふ…

押し付ける期待

人間、一人では生きていけないのはわかっている。 助け合ったり、支えあったり、与えあったり、奪い合ったり……。 頼りあったり、信じあって求め合っての社会だもんね。 それでいいんだってのは言葉ではわかっちゃいるんだ。 ずっと昔からわかってる事なのに…

写真たち

これまでは「はてなダイアリー」で書いてたけど、これから「はてなブログ」に書くことにした。 理由はある。 以前のページでは、リンク元のアドレスが長ったらしいのがあってね、それの影響で画面がズレちゃう現象が出たんだ。 気に食わなかったからブログの…

チムニー道

天気が良い休日だったので、チムニーくんのお墓参りに行く。 自転車で40分くらいかかるかな? 福浜ってとこの砂浜にある。 墓なんかはないんだけどね、埋めた場所は木の根元。 懐かしの道を通って、別に用事もないのに懐かしい地区を通ってみた。 今日は気分…

腐った時間

スカッとしない時期になってきた。 精神の状態は部屋の清掃度によく表れる。 やらなきゃいけない事があるのに、片付けも出来ない状態では何も手がついちゃいない。 散らかり放題の部屋。 人も呼びたくないし、毎日いつの間にか夜中になってしまっている。 仕…

切れのない鈍さ

最近思うが、会話が噛み合わない事が多い。 誰と話しても上手く気持ちが伝わらない。 考えがズレているのはわかるんだけど、それが相手に伝わって50%かなと感じる。 昔はそれで良かった。 良かったっていうか、それでしかなかった。 勘違いされるのが嫌な…

自己流でいこう

年も変わり、何やら気持ちを切り替えなきゃと思う。 どうも調子が悪い。 体も弱っているみたいだし欲が出てこない。 やる気がないと言うか、楽しみたいって気持ちが減退してるような気がする。 覇気がないね。元気ではあるんだけど……。 変に落ち着いた感覚に…

感動を求める時期

もうすぐ12月も終わる。 また1年が過ぎ去ってしまう。 大きな病に倒れる事もなく、貧困な生活に陥る事もなく、平和に暮らしてきました。 これといった刺激は、友達の結婚とピアノだけかもしれないな。 気分がのらない時はどうしたらいい? 本当にやりたい…

エンターテイメント

淋しさから出る言葉に踊らされる。 行動との矛盾に温度が下がるのだ。 「ああ言っておいて、そうするのか?」 と、いった具合いだ。 下手に口にするもんではないな。 昔の自分と重なるから、より温度が下がる。 そういえば、あの時は逆の立場だった……とかね…

ピアノを弾いたりしたかった過去

ピアノを習い始めてもうすぐ1年。 チビの頃にほんの少し「弾いてみたいな」と思っていたこと。 憧れを現実にしつつ、昨年から続けている。 仕事場には毎年「クリスマス会」なるもんがある。 そこで発表の場を設けさせてもらうことになった。 いきさつは少々…

飲みは気楽に

昨日、飲み会があった。 終電に合わせて4時間は飲めるといったところか……。 これが自然と制約となり、先に帰るのが許されないルールになったりする。 ここ最近どうも具合が悪いと感じていた飲み会。 なにも時間いっぱい飲む必要なんかないんだよな。 帰りた…

残念な道筋

「言い訳は聞きたくもない」 とは思わない。 聞いて納得すれば「良し」なのだ。 出来なければ勝手な解釈で事をみる。 おかしな点を残した言い訳は逆に心が離れてしまう。 事実はたった一つなのだから受け入れるしかないだろう。 要は本心。 その時の心理。気…

偽りも表側

寂しさを和らげてくれるもの。 身を寄せていると、何かを忘れてしまっているような気分になる。 気を遣う性分なもんでね、だんだんと枷に感じてくる。 「弱った」と呼んでいいのだろうか? 行動的だった過去が嘘のように思えてしまう。 「俺はこういう人間な…

本性の罪

酔っ払ってしまうと破廉恥な行為に出てしまう。 これはもう癖なのかもしれないと思った。 アルコールに犯された頭には理性判断は出来ず、 その場のノリではしゃいでしまうのである。 後々聞いて「やってしまったなぁ」と。 自分に自信が持てないのではなく、…

愚の美学

男の基本は「差し飲み」だと思う。 二人が偶然に時間が合い、「一杯どう?」となるのが僕の好み。 じっくりゆっくり話したいと思う。 でも「誰々を誘って、大勢でパーッとしよう」と言われると断らない。 断れない。ではなく、断らない。 好みからズレちゃう…

隠れ

あまりにも寂しい。 心も体も寂しくてしかたねぇ……。 そんな時に癒してくれるのは友達だったりする。 仕事の悩み、恋わずらい、生き方もろもろの抱え事。 ひとりで夜空の下で考えていた。 酒に酔い、なんとなく気持ちが上がってきたので部屋に帰る。 アルコ…

今日はクリスマス

恋にネオンが綺麗な日である。 できればハッピーな時間を過ごしたいに決まっている日である。 そんなイチャイチャしたい2日間である。 残念なことにそうでない人もいる。 僕の今日の出来事は残念な方へと向いている。 本当ならば、気持ちが近づいてあったか…

つまんない飲み会

今日は仕事場の飲み会。 盛り上がるには盛り上がったが、完全に不完全燃焼というやつだ。 「え? ここでもう終わるの? もう帰るの?」 そんな感じ。 なんかな〜、明日は6時起きなんは確かなんやけど、ここまできたらいきますよ! なノリやったのにな……。 …

ほとんど復活

体調が復活してきた。 やっとこれからが夏だといった感じだ。 気を高めていこう。 飲みや夜遊びを控えていたからドカンといったろかなと思っていたのだが、 どうしてか金がない……。 うーん、なんでかな? よくよく考えてみたら、食に気を使っていいもん食い…