ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

シモ

言って恥ずかし、あそこは濡れし

秘密でもなんでもないのだけど、すけべな事が大好きです。 やっぱり濡れたまんこを触るのは楽しいし、喘ぎ声を聞くのは楽しい。 自分のセックスで好きな娘が快楽に浸る姿はたまらないもんだね。 いちゃついてる時間の中にスイッチが入って、急にちんぽ好きに…

淫語ゲーム

同僚にエロゲを借りまして。 ちょこちょことやっています。 マウスでカチカチ文字送りしながら、ちんぽをカチカチにさせながらやっています。 ものによってはシナリオに感動してみたり。 なかなかどうして面白い。 いろんなタイプのエロがあっていいですね。…

秋のセックス

運動してる時に足をつってしまう。 聞けば『亜鉛』が体内に不足してるのだという。 この時期に亜鉛といえば牡蠣だと思い食す。 腹いっぱいになるまで食った。 どっかのサイトでオナニーすると亜鉛が不足してしまうとあった。 酒を飲んでムラムラときていたけ…

ちんぽ遊び

セックスはおろか、フェラさえしてくれない女と一夜を過ごす。 そんな面白みもない夜を過ごすのかと思いきや、 とんでもない『ちんぽ遊び』が好きな女だったのだ。 抱き合ってお喋りを楽しんでいた。 その最中はずっとちんぽをしごいていた。 どこが気持ちい…

フェラ⇒Sフェラ

欲するがままに女体をまさぐる。 そんな『願いが叶えられた時』に本当の姿が見える。 真の願望の芽が花咲く時となる。 セックスするのが真ではなかった。 マンコに入れればいいって事じゃなかった。 それはそれでやりたいと思うのだけれど……。 身も心も素っ…

酒のつまみ

空きっ腹に酒。 いやぁ、なんとも言えん気持ちだね。 すっごくエッチな事がしたくなるけど、 「まー、しなくてもいいかな。別に」 と思えてしまう。 その昔、よくセックスをしていた女の子がいたんだ。 今度酒を飲もうと言ってきたんだ。つぶれるまで。 いろ…

本音はいつも扉の向こう側

合コンやら友達の紹介やらで好みのタイプの話になるよね。 ここは正直に言っていいのかどうか迷うところである。 変に恥らってつまんない答えは場がシラけるし……。 本当は、本音は『僕のチンポを好きな女』と言いたい。 が言える訳がない。 残念な事この上な…

デリるれろ2

続き…… ここまでチンポを可愛がってくれる女もそうそういないと思った。 女としての経験値が高い。 感心しつつも3回目のフェラチオ。 さすがにぶっ続けでふにゃってなってる。 愚息は満足しきっている。 挑戦したかったのはこの先にある。 くわえられっぱなしの1…

デリるれろ

最近キンタマが重いなぁ、と溜まりに溜まったものを吐き出したく電話をとる。 博多妻M。 興味惹かれた『すっぽんコース』これはおもろそうだ! イッた後の敏感なお年頃の愚息をさらに攻めるすっぽんコース。 耐えられるのだろうか? ワクワクしてデリってみる。 可愛らしいミセ…

塔の彩り

彩る事はないと思っていた。 この地の女を抱く事はないと思っていた。 人生にはたまにおもろい流れがある。 ほんの数分の二人きりの時間があった。 なぜか用意周到な時だった。いいタイミングであった。 飯を食い、酒を飲み、会話が弾んだ。 確認なんていら…

癒しの杖

前回から約1ヶ月。 忙しい日々である。 肉体的にはそこそこ。 精神的にはめためた。 バイトは続けている。 それなりに変化はあった。 良いものも悪いものも両方あった。だらける時間を少なくしなきゃって気持ちになってる。 休息をとり、残りはやることある…

ヨツクニ

片隅に描いていた『四国行き』ついに上陸することに決定した。 地元、長崎は佐世保で過ごしたこの春先。 懐かしい顔と場所。 久しぶりに聞く方言。 いやぁ、なんというか 「そんなん喋ってたっけ?」ていった感じ。 『なんばしよらすと』 『そげんがさ』 『…

みたいとふくもんは

後悔ってやつは人生についてまわる。 問題はどれだけ引っ張るかだろう。 無駄にしたくなければ力に変えるしかないよな。 『あの時……』はもう減らしてこう。 結果が全ての言い訳は少なくしてこう。 欲張っていこうじゃないか。 積極的な女と消極的な女がいる…

おまんこ

ゆっくりと出発の準備を進めているのだが、まだ精神がピシとならない。 テンションが張らないのだ。 いらないものといるものがはっきりしないところがある。 本当に必要なもの……見極められない。 物質的なものも精神状態で変わってきてしまう。 実際はいらな…

情熱は大人処女

息を切らす走り込み。 雨が降ってきて変な気分になった。 フードをかぶってダッシュを繰り返す。 くたびれた。 ピークを過ぎた頃、自分が少し見えてくる。 足りないもの………………情熱。 情熱のバラ。 脳に何かが分泌されたんだろう、閃きがよぎる。 「薔薇か、…

かもしれない男

噂の尾ひれは恐いもので、いつの間にやら話が大きくなるもんである。 酒を飲んでちょこっと猥談に花が咲いただけである。 経験談を勢い任せに話しただけである。 「女を満足させることができる!」とは間違いなく言ってない。 言ってないがそうなっていた。 …

チンポも腐る

エネルギーの補給がしたい。 生きる活力の給油、つまりセックス。 どっちかと言えば「出す方」なのだが、ストレス解消にもってこいの行為。 愛の性交やなくていいんだ。大人の付き合いがしたいんだ。 チンポを役に立てたいってのもある。 性技の訓練をしたい…

女友達

女の子と友達になるのに苦労する。 なかなかうまく進められない。 どうしても肉体関係が芽生えてきてしまう。 はぁ、やるせない。 その昔、こう思ったものだ。 「セックスを愛情と思うからいけないんだ」 「女友達とやったってかまわない」 「体の関係が特別…

いい胸した女の子

可愛い女が胸元が大きく開いた服を着ている。 しかもうつむいていて豊満な胸の谷間がこっちから伺える。 わかってやってんのか? 冷静に考えれば「胸が見えたからどうした?」なのだが、やはり目がいく。 綺麗でハリのある若い肌の持ち主だ。 きめ細かく白い…

ちんぽから始めよう。

淫語が好き。 女の子とセックスする時、「チンポをマンコに入れて」と言わせたくなる。 恥ずかしがって言わない事から始めよう。である。 【あそこ】なんて代名詞ではダメ。 我慢汁をちんぽ汁と言っちゃう子に興奮する。性癖か? エロビデオで「淫語シリーズ…

チンポ話

変態でもなんでもない。 いきなりで何の事やらわからんだろうが、チンポの話である。 男の象徴。ポコチンでもおちんちんでも何でもいい。下ネタは好きやけど、別段好きってわけでもない。男女の関係にチンポ話はあってよいものである。そのはずだ。 柔らかく…