ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

春がまたやってくる

桜の写真、一年前やったかな。上野動物園での一枚じゃなかったかな。
北海道から帰ってくる途中に東京寄った時。
いや……、それやったら10月だから時期が違う。
北海道に行く前だな。
4月ならそん時だ。
って事は二年前の春になる。
 
この冬が終われば春がくる。
またくる。
何度も繰り返す季節と共に衣を変えて風景に溶け込む。
 
俺の色は「緑」らしい。
黄緑になった方がいいとの事。黄色を求めたりしたもんだ。
よくわからんかったけど、目に見える色は黄色を意識したりして。
 
結局「緑」で春を迎えそうだ。
 
 
リミッターをつけてないとやりすぎてしまう感がある。
それが理性だったりするんだなって思った。
調子にのった時の「やりすぎ感」がなんとも恥ずかしい。
押さえ続けているのも窮屈でいかん。
時に解放してリフレッシュした方がいい。
最近本当にそう思う。
 
問題は「対、人」
こいつとならばリミッターを外せる。そんな関係が持てる付き合い。
男でも女でも一緒。
型は違えど、そそぐ濃度は同じ。
 
お互いに「あん時やりすぎたな」と言える仲でありたい。
喜びも悔やみも笑い合える集まりでありたい。
調子にのる時間が欲しいと思った。
 
それが青春と言うべきものなのかもしれない。
「青」ならば逆に「黄」を抜かなきゃ。
自分色をシェイプアップしよう。
より濃く、より蒼く。