ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

今日が年明けの感じがする日

新年が明けて一週間目。
正月らしい気分はまったくなく過ごしてたもんだから、なんかこう心があやふやだった。
 
なんでもそうだけど、特別な日に特有の事をしないとさらっと流れる。
今日はどうして新年を感じたのか?
きっとジムが移転したからだろう。
 
年の瀬の27日が最後の稽古だった。
それまでの稽古場はその日で終わり、新年明けたら5日から新たな場所での稽古。
5日は行かなかったから今日が初稽古となる。
 
初めて通る道に、初めての建物、全てが初めてだった。
とっても気分がいい。……が、ひとつ自分の悪い癖を見つけた。
 
生活環境にでさえ「あきっぽい性格」なのだと思った。
慣れ親しむ事に飽きを感じてしまう。常に刺激が欲しいと思う。
刺激を求める事は悪い事じゃない。
ただ、「逃げて」ばっかりの新天地じゃいけないと思った。
「攻めて」の変化。これだ。
 
今年の抱負は何かと聞かれたが、正月気分じゃなかったからハッとしただけで答えれなかった。
今日わかったぞ。
『攻めての新』だ。セメテノアラタだ。
 
 
お母さんから、ばあちゃんの遺影の写真添付のメールが届く。
ここに載せておこう。ばあちゃんは先月の19日に亡くなった。
もうこの世に存在しない人になってしまった。
いつどうなるか人生わからん。

そうだ。もうそんなに時間がないんだった。
あと一年でどこまで変われるだろうか。
どれだけ草を掻き分けて進めるだろうか?
 
進んで、もっと奥まで進んで、どこいったかわからんくなったら納得だ。
見える位置でごそごそやっててもダメ。
逃げるんじゃなく攻めてね、どっかいこう。