ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

未定から確定へ

宙に浮いた約束が違う形で降り注いだ。
本音を吐き出しぶつかり合い、誤解と喜びがあった。
相手をだんだん好きになっていってるようだ。
タイミングを逃さなかった。
手を伸ばして手にした時間だ。
 
待ち遠しいその日まで、前を向いて進めると思った。
3日間のめまぐるしい変化は落ち着き、いい状態で保たれたようだ。
相手との関係の変化。
それぞれの「これまで」の交差点。
どうなっていくのかわからないけど、向かい合う事から始まる物語。
 
確定が未定に変わる「いつものやつ」
そこからの進化が今回の形だ。
通じたんだ。
生活には様々な姿勢で向かい合う。
この一つの進化で他に影響する力はすごいだろう。
 
今年はどうやら「ひと味違う」らしい。