ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

小さな粒

28日から『あの娘』が来ていた。昨日まで。
毎日が楽しかった。一緒に過ごすのが楽しかった。
幸せだったのかな、きっと。
 
「……きっと」とは?
  
これから先の生活の中で、どう関係していくのだろうかね。
二度と会わないかもしれないし、一緒になるかもしれない。
会っている時はもっと一緒にいたいと素直に思えたけど、お互いの生活に戻れば一緒にいれない事実を味わう。
かなり好きになった。
それは自分でもよくわかる。
抱き合い、言葉を交わし、共に時間を重ねていく。
幸せかどうかはこれからわかるような気がする。
 
一ヵ月後、半年後、一年後……二人の関係がどうなっているかで答えが出るのではないだろうか。
僕は、いや、俺は生きているはずだし、生活もすんなに変化してないだろう。
それでは幸せな答えが出せないと思う。
今回をきっかけに何かが始まればいいのだ。
すごい事になるかもしれない。
そう思っておこう。そう思って今を生きていこう。
 
力一杯やらなきゃ変化しない。
変化しなきゃ幸せだなんて言えない。
幸せと言えなきゃ笑えない。
たとえこれからどうなろうと、俺は生きていかなけりゃならん。
なんだかね、悲しくてでもなく、淋しくてでもなく、悔しくてでもなく泣きたい気分だ。
ダメ人間になりきれないところも、また煮え切れない生温さを感じる。