ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

流れ不調

詰まっていると思っていた。本当に詰まっているみたい。
なーんかあれこれと不調だ。人間てめんどくさい生き物だな。
ほんとにめんどくさい世の中をつくった。めんどくさくないと面白くもないんやからなぁ。
やれやれな話だ。
 
ため息の出る瞬間を迎え、悩まずに寝て起きたらすっきり忘れた。そんなんやったら楽なのにって思う。
そうじゃないからそう思う。悩んで寝れずに次の日も悩みは続く。そんなんやから楽じゃない。
自分の為に生きた心地がしない。全然しない。昔っからしない。アホか。
 
自分勝手に生きたら不幸になるんじゃないかと恐れている。
誰が不幸になるかといえば、僕が。自分が不幸になるんじゃないかと、寂しい思いをするんじゃないかと。
よくよく考えてみれば変な話だわ。
自分の好きなように生きてるのに、自分が好きじゃない未来を想像してる。アホか。
 
『勝手にしろ!』と言われて、何も気にせずに勝手にやっちまう奴。僕にはできない。でも、そうでありたいので頑張ってみる。
ほんと気持ちの問題やな。小さい事気にしてちゃ疲れるばっかやし、負い目を背負うとうまくいかなさそうだ。
「魂を持て」が心の叫び。
『何か魂持っとるか?』……ない。魂を持ってない。ああ、やばい。話になりません。
そうか、書きながらわかったぞ。僕は魂を持ってない。だから勝手にやる気持ちがない。恐れるんだな。
里見八犬伝に出てくるみたいな『魂の珠』を持つんだ。
たしか字が書いてあったはず。俺が手にする魂の珠には何て書いてあんのかな。

流れが不調である今、逆にあれこれ整えるいい機会と受け取ろう。