ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

恥メ

今の環境は自ら選び、進んで積み重ねてきたものだ。
あれとこれとそれを順番並べて体験したから今がある。まぁ、当たり前の事。
この順序を替えてみたらどうだろう。うまくいくかもしれない。どうなっているだろう。と思い浮かべるのもおもしろい。
過去の自分に教えてあげたい。「あれこれやってみて、これとこれが良かったよ。あれはダメだったよ」
反則だ。人生の反則だ。時流違反だ。
 
でも、どっかに「やったもん勝ち」の気持ちもある。
 
それが現実に出来るとして、何をどれだけ伝えればいいのだろうか?
事細かに説明しても過去の自分は信じないかもしれない。逆に教えた事を避けるかもしれない。タイミングを逃すかもしれない。
そう考えると僕が今出会っている現実は、全てのタイミングからきているんだって思う。『あの日あの時あの場所で』が全てだと。それがあったから『この日この時この場所で』がある事になる。
ガチガチやんか……。
 
まったくガチガチな人生やんか。人生ってそこまで隙間ないもんかね。
脱力、脱力、ダランとしてて変な踊りに見えるくらいダラダラホイホイ。酔っ払いの動きを参考にしてみよう。大笑いに大激怒に爆睡。ん〜、幸せな奴。
 
明日から始まる事がある。
始まるまで何とも言えない。「始まるんだ」なんて言えない。言う気にならない。歳取ったからか?
ウキウキしてる自分が恐ろしかったりするからね。始まってからが大事なんだ。
「はじめの一歩」で初めて人に言えるんだ。