ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

恋愛力

最近の恋愛力は意識低下の為、生活の中での重要性が低くなっている。
「なくてはならないもの」ではなくなってきてるのか?
あの娘より好きな娘がいるわけではない。あの娘が今は一番好きなのは変わらない。
恋愛というパラメーターが低くなってきている。
冷めてきているのは『恋』に対して。常に恋はしていたいと思っているのだが、なかなか頭と心は平衡しない。
俺は大丈夫なのか?
男の性欲も動物的な感情があると思う。子孫繁栄の為に種を蒔く行為。
例えば大好きなあの娘がずっと好きならば欲情する必要はない。『残せる』という定義が存在してしまうからだ。
結婚したらそれこそ性欲はいらない。セックスが気持ちいいから欲情する。
これは恋と呼んでいいのだろうか? 愛と呼んでいいのだろうか? 
疑問だ。
俺は何がしたいのか、またわからなくなってきた。
「こうでありたい」のトンガリ部分(グラフで表すと一番が頂で、他と比べると山の様に見える)が低い。

AやBやCをそれぞれ生活の欲求に当てはめてみると、恋愛がFぐらいに下がってるんやないかと。
どっかが下がった分、どっかが伸びるもんやと思ってるが、本当にそうなのかさえも疑問に思えてきた。
 
恋の炎が下火になっている今、俺にはやりたいトンガリがあるはずだ!