ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

いい胸した女の子

可愛い女が胸元が大きく開いた服を着ている。
しかもうつむいていて豊満な胸の谷間がこっちから伺える。
わかってやってんのか?
冷静に考えれば「胸が見えたからどうした?」なのだが、やはり目がいく。
綺麗でハリのある若い肌の持ち主だ。
きめ細かく白いおっぱい。
 
…………だが、若すぎだ。
美味しそうな身体をしているのは確かだ。
顔も可愛い。チンポ舐めてる顔とか最高に興奮するだろう。
マンコも綺麗で締まりもよさそうだ。
胸はプルプルしててお尻もプルンってしてそうだ。
いい声出しそうだし、エロに貪欲そうだ。
だが、いいセックスをしそうかと言えばノーだ。
本気で求め合うセックスは期待できそうにない気がする。
 
んん〜、自分で何を根拠にこんな事を書いてるのかわからんが書き残しておこう。
いい胸してるのに「この子とやりたい」と思わないのが不思議だ。
可愛い顔してるのに……不思議だ。
中身がまったくわからないからだろうか?
やっぱり『チンポ話』が必要なのだ。
 
――俺は一体何を言っているのだろう。