ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

晴耕雨読

読書の梅雨。
このような感覚で過ごしたい。
久々に書店で勢い買いをしてしまう。
夜の風のせいでもあり、街灯りに寂しさを感じてしまったせいでもある。
手にしたのは旅行記である。
 
去年の今頃か、バイト辞めたの。
そん時に貰った餞別かわりの図書カードをやっと使った。
貰ったものが消耗品である場合、使い切った時が昇華の時。
やっと終わった。
 
雨が降っている。
本を読んで過ごすとしよう。