ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

新波

ゆっくりと片付けていく。
4日間、どこにも出掛けず身の回りの整理にいそしむ。
物質はいらないものを捨ててコンパクトにまとめる。
部屋にあった半分はゴミと化す。
目に見えないものは消化して解決していく。
後は心の準備だな。
 
無気力な正月だったがそれなりに回復した。
久しぶりに映画を観たからだろうか。
自分(主に内面)を照らし合わせることのできる映画は良い。
元気が出てくる。
監督主演・演出はその人の人生観がモロにでる。
ガツンとくるね。
 
人生が映画のように感じる時がある。
偶然の渦の中にいる時だ。
巡ってくる未来はいつもより激しく僕にぶつかり荒れる。
生きている実感があるのはこんな時だ。
期待してはいけないが、変な予測はある。
もうすぐ波が襲ってくる。
 
心残りはやっぱり女かな。
最後にこの地の女を抱いておきたいと思う。
誰でもいいわけではない。
これは外見じゃなく内面で言っている。
『ここから出て行くんだね。そんなあなたの体が欲しい』
これだよ。これ。
こんな女がいないかな。
極端なババアじゃなけりゃいい。
いい女にこしたことはないが。
なかなかそんな匂いがする女にはお目にかかれないけどね。
 
荒波の予感はただ自分の行動からの推測に過ぎない。
超人的は予知などないし、天性の要素も特にない。
住家を手放し、職を手放し、さてどうするか。
こんなんじゃ何が起きたって荒波だ。
新しい土地にいったら全てが新しい。
荒波ならず新波だなこりゃ。
 
明日に今日の風は吹かない。
 
明日に今日の太陽は昇らない。
 
明日に今日を生きることはできない。