ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

再桜

寒さが戻ってきた。
冬はまだ終わらない。
巡る季節は変わらない。
 
あと何ヶ月かすれば春がやってきて、桜が咲き豪快に散る。
今日の空気はすぐに巡る日々の仲間入りだ。
 
『最善の方法がわかればそう進めばいい』
そんな未来はない。
「きっと」や「たぶん」でかまわん。
無謀と勇敢は違うのだろうが、生きてりゃどっちでもええやん。
たいした差はないはずだ。
 
心に傷を負うのが恐い。
わからない。どうして最善を選ばないといけないのか。
どうして正しさだけを認めてしまうのか。
間違いは悪いのか。
 
答えは出ていない。
僕が変わらなくても季節は変わる。
また桜が咲いて吹雪くのだ。
 
そうだ。また桜が見れる。