ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

青臭いことを思い出した。
酔っぱらいの時の話。
 
『酔って自分が大きなことをほざくのが嫌い』
 

んー、ほんとに思ってたね。
実にくだらない美学。
自己を否定しても始まらん。
深層に溜まったヘドロ並みの欲望。
それこそ本当の『らしさ』のはず。
 
ボクは酔った勢いの言葉の方を信じる。
良くても悪くてもだ。
饒舌は我が身を落とすようやね。
おしゃべりがすぎるのだ。
言ってることがめちゃくちゃ。
まぁ、自慢話は聞き苦しいもの。
 
酒での付き合いで得た出逢いは人生でかけがえのないもの。

本音がさらさらと出てくる関係が素晴らしき友だといえよう。
 
そういえば青臭いこともうひとつ。
 
『簡単に友達だというな』
 
お前は俺の何を知っているんだ?
ってことやけど、こっちは今も変わんないかな。
『知り合い』
『同僚』
『仲間』
いろいろあるだろう?
言葉を軽くするのが嫌い。
一緒に飯も喰ったことないやつが友達とは思えない。
 
あーあ、早く友と酔っぱらいたいな。