ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

1ヶ月山ん中にいるわけだが、思った以上に淋しいもんである。
 
街はないし友達はいない。
友達がいないのがこれほど淋しいもんだとは……、あらためて大切さを知る。
 
女がどうとか言ってる段階ではない。
セックスがしたいとかより気の知れた仲間と酒を飲みたい。
 
笑い合う事が必要だ。
心の付き合いの出来る仲間。
 
それが今の望み。
 
ここの生活はただ虚しいだけである。