ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

半年間のやれやれな生活も残すところ1ヶ月。
やっとここまできたといったところか。
 
得るものは精神苦痛なだけかと思っていたが、
苦行であると自分を見ることができる。
 
なかなかだらけた人間である。
 
何がしたいのか。
 
欲しいものは何か?
 
よく見えてくる。
 
そして何より小さなプライドを見ることができる。
自分のも、他人のも。
 
見つめ直すとよくいうが、見つめ回すと僕は云いたい。
 
カッコ良く生きたいのはモテたいが為ではない。
自己満なのだ。

 
良き選択をすること。
それが望み。
 
今の僕は女よりバイク。
射精より疾走を選ぶ。
 
選択を誤るのは毎度のことだが、味わいたくない人生の苦味である。
 
自己満物語をゆくが男のロマン街道。