ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

踏みたくない地

あと二週間となったバイト。
 
余裕で別れを惜しみ始めいる頃だと思っていた。
 
現実はプレッシャーの不愉快さが満載だ。
 
やりたい事に手がつけられず、この地を知る事もままならない。
 
今は兎に角ここから離れたくて仕方がない。
 
いい仕事ではなかった。
 
多少のお金だけが手元に残る。
 
『さぁ、次のステップへの資金にしよう』
 
……完全にNOプランだ。 
考える余裕がなかった。 
そして疲れた。
 
まだまだ疲れる。
 
休息を入れに旅をしよう。
 
 
住処を探さなければ。
そこからが次の始まりだから。
 
お金が残ってるといいのだが。