ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

満濡

うまく口説けたというか、自然な流れだった。
 
ごく自然な。
 
部屋で酒を飲みシャワーを浴びる。
髪を乾かして一緒に布団に入る。
自然な流れだった。
 
始まりのやりとりはここから。
 
*「上向いて寝る? 横向いて寝る?」

僕「んとね、こっち」

相手の方を向いて軽くキス。
セックスタイムのスタートです。
 
抱きしめて、服を脱いで抱き合って。
胸の大きいのには驚いたな。
脱がすまで気がつかないもんだわ。
指を這わして性器を触る。
綺麗なマンコしてた。
いつまでも舐めていられた。
触りながらのお喋りはやはり楽しい。
 
さて本番。
ゴムを付ける前にチンポにキスをしてくれた。
気が高まる行為である。 
激しいのは痛いとのこと。
ゆっくりねっとりの柔らかいセックスになった。 
勝負は一勝一敗一引き分け。
やはりセックスはいいもんだ。
チンポを欲しがってる時の女の表情は美しい。
 
愛撫は美に満ちている。