ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

種色

今現在の姿が全てである。
「過去の栄光」なんて素敵な言葉があるけど、そんな時期はなかったよなぁ。
失った時間と持ち続けている時間とがそれぞれにあって、お互いを相殺しながら思い出を美化し合っている。
そんな歴史しかない。
真実は過去のもので、瞬間を無駄にした時間は今が「そんな時もあったねぇ」と言ってくれている。
後悔の種をうまく利用しなきゃ無駄なんだ。
『なかった事』には出来ない性質なんでね。
 
黒歴史なんてかっこいい響きのものではない。
ただ薄い歴史で語るに足らずな時代だっただけなんだ。
それがそのままコンプレックスになって感動に執着してしまう。
他人の過去を愛せないのが普通なのかもしれないな。
実はこのズレが居心地良い場所なんだけどね。
 
『さよなら』が好きだったり、『孤独』を認めたがったり、『端』にいたがったり……。
理由はなんだと考えてみた。
その反対側に居た自分が気に食わなかっただけの話。
「端っこ好き」な理由はあるひとつの出来事に由来するんだ。
それは次の機会にでも書こう。
 
誤解と裏切りで失ってしまう過ぎた時間。
残念ながら受け入れる器がなかったんだろう。
「どちらに?」なんてのはこの際どうでもいい。
忘れてしまう脳機能も持ち合わせている我々は、新たな道を探し求める種族なのである。
 
微かな思い出と記憶を『なかった事』にはしないでおきたい。
いつでもその色に染まれる状態でありたい。
30年ちょっとの人生だけど、染まれない過去の色が沢山ある。
一度きりだから染め直しはできないか。
色探しがこれからの楽しみなのかもしれない。
 
自分探しじゃなくてね、色探し。
染まれなくても色を味わえるってとこを。
後悔の種に光と水と大地を与えて芽吹かせる為に。
 
袋に溜めてた種を蒔く時がくるその日まで。