ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

夏の季節

調子悪い。
冬にうつ病になりやすいってのは本当らしい。
まったくの逆で夏はぐだぐだなる。
昔っから夏はどこか無機質。
 
寂しいわけではない。哀しいわけでもない。
楽しくないわけでもない。特になんてない。
ただ、取り残された感が強まる時期である。
 
  ――夏休み、ばあちゃんの住む田舎へ行く。
  蝉が鳴き、大きな雲が青空一杯に広がっている。
  家の裏手には山があり、大きな木が茂る林があるんだ。
  誰も居ず、人工的なものは一切ない。
  あるのは自然と僕一人。
  地面がひんやり冷たい。空気はすぅっとしている。
  虫の声と鳥の声、木々のざわめきだけの世界。
  どうしてだろうか……むなしい。――
 
伝えにくい感情ではあるが、生活がむなしく感じてしまう時期である。
無機質で無気力で、なんで生命は生き続けようとするのか疑問に思う。
そんな時に誰かが情熱を注いで楽しんでいる姿を見ると感動する。
 
「お、俺もやんなきゃ!」
触発点火しづらいのが夏。
調子悪いんだ。
間違ってんだろうなって気持ちが蝕んでくる。
雑にいきたいんだ。大雑把にドカンとスカッと。
 
今年こそは。
毎年そう思いながらやってきた。
さて、今回の夏はどうだろうか?
 
刺激で夏を覚醒させろ。