ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

隠れ

あまりにも寂しい。
心も体も寂しくてしかたねぇ……。
そんな時に癒してくれるのは友達だったりする。
 
仕事の悩み、恋わずらい、生き方もろもろの抱え事。
ひとりで夜空の下で考えていた。
酒に酔い、なんとなく気持ちが上がってきたので部屋に帰る。
アルコールの力はやっぱ素晴らしいなと思ってたら一本の電話。
 
「よぉ、来週飲み行こうや」
これほど気持ちがスカッとするものはない。
単純に嬉しかった。
ありがとう、ヒロくん。
 
自分で出した答えは「隠す」であった。
本心は相手を心配にさせるし、元気を奪うものである。
マイナスの階段でしかない。
ならば「ぼくは元気ですよ」としてればいいやと思った。
それが丸く収まるような気がしたんだ。
 
だけど、やっぱりつらい。
偽りの明るさは正直つらい。
なのにそれが一番だと思っている。
間違っているかもしれないが、今はそれが一番だと思っている。
 
そして今はこう思う。
「隠すのは悪くはない。それはそれでいい。ただ、それだけではつらいだけだ」
何事にも楽しみがなくてはダメなんだ。
友達との酒は隠すことへの楽しみへと変わる。
本心をだしてもかまわないのだからね。
このぐて書きもそうだけど、本音を出せるのは気持ちが楽になる。
 
僕は隠す。
やらしいもんだが、「ぼくは元気です」って事で勘弁してもらいたい。
うまく表情をつくれるといいのだが……。
  
さぁ、つらい道だぞ。