ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

勇気と世界

世界を持つこと。
生活していく中で流されて分かれ道を選ぶことは多い。
しかたないことだとは思うのだが、自分で選ぶべきことも多い。
自分で決めた感覚を強く持つべきなのだと思ったりしている。
 
反発するもの、理解できないものは出てくるだろう。
自然と外れてしまうのだろう。
作り上げていくのは自分ひとりなのだから。
 
寂しく思うことに恐れて弱くなり、我が身の成長を阻害してしまいがち。
本質を見抜けずに繰り返しの日々の中で年老いていくばかりだ。
 
迷った時に心が締め付けられる。
圧迫されるのは苦しいもんだ。
「繰り返すのはごめんなんだ」
同じことを何度も味わうのはごめんだ。
 
この世界を守れるのは自分しかいない。
自分が作り上げたい世界図は誰が描いてくれようか。
 
足りない。
保つ為には足りない。
もっといろんなものを見て、感じて、焼き付けていかないとダメなようだ。
 
悩んでると頭も心も小さくなってしまう。
大切な心まで萎縮してしまって冒険に出れない。
勇気ある決断と発言と行動。
自分の世界を作ること。
今はそれが必要だな。