ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

冬支度

ひとつの繋がりが消える。
悩み、許してきた現実から手を放した。
鎖を切ったわけだ。
 
恋愛というものに対する自分の姿勢は変わっちゃいない。
淋しさに負ける気はないし、負けようが人生はそれはそれでいいもんだろう。
電話が鳴らない日々に戻っただけ。
 
わがままな本心を隠し通せなかったよ。
感情が表に出る自分を情けなく思うし、可愛くも思う。
笑っていられたらそれで良かったんだけどな。
そうもいかなかったよ。
 
過去を悔やむ癖がある。数時間前、数年前……数秒前。
悔やむのは一瞬にして、未来への糧にする癖をつけよう。
一瞬だけ落ち込もう。それで終わり。
 
お互い間違ってはいなかったんだ。
それだけは伝えておいた。
 
嫌いになる事はない。
これからも好きなまま。
ただ、この鎖は気分がいいもんではなかった。
 
自由と淋しさが同時にやってきたからね、散歩でもするかな。
ほら、雪が降り出したよ。
寒いね。