ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

冴えナイル

34回目の誕生日が来ようとしている。
福岡に戻ってきて3年かな、それとなく生き続けている日々。
 
冴えんなぁ……。
まったく冴えんな。
これといった物語がないのは、やっぱり生き続けてく中で面白くない。
どうだろ? 面白さなんか求めちゃいけないのかな?
さて、どうなんだろね。
 
久しぶりの友達の近況を知ったりするんだけど、疎遠になった友達は友達と呼んでいいか気になったよ。
当時はよく酒飲んだり、遊び行ったりしたもんだけど、はたして今は気が合うのか? って思ったよ。
 
それは寂しくもあり、新たな発見でもあるし、刺激でもあるんだけれどね。
自分はどうなのかを考えさせられてしまった。
この数年でどう楽しくなったのか?
それを証明するものがあるのかないのか?
考えなきゃな。
 
どっかで怖がっているんだろうと思う。
消えそうな過去が本当に消えてしまう儚さに。
このまま過去を忘れていく事の切なさに恐れを感じてしまう。
自分がつまらない、冴えない人間であるような感覚に陥りそうで。
 
どんなに歳をとろうとも、いつまでも僕らしく「ひょっこり」な自分で生きたいもんだ。
味のある空間を生み出したいもんだ。
四の五の言わずに行動あるのみ。
後悔しても損はしない。
情けなくてもいいさ。
 
冴えないんだけど、まぁいいさ。
これも人生。明日になればまた人生。
死ぬまでは過去をいっぱい作っていこう。