ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

ノスタルジックな6,24

f:id:nakanola:20041218134225j:plain

6月24日。父親の命日。

もう16年になるのか……、随分と時間が経ったもんだ。

実家に帰って墓参りしてきたよ。

ビールとたばこが好きだったから買って行ったんだ。

そこには骨しかないんだけど、魂の宿りを感じてなくちゃならない。

こう言うと変な感じに思う。

お墓には遺骨があるけど、魂はそこに留まっている気がしない。

お参りに来た時の連絡所といったもんかな。

あの世とこの世を繋ぐ点。それがお墓の場所である。

こんな考えじゃ怒られるかもしれんね。

間違ってるにしろ、今の僕じゃそう思っておく方がしっくりくる。

よく知らないし、知ろうともしてないからね。

 

元自分の部屋を整理してみた。

写真やら手紙やらがいっぱい出てきた。

小学生時代の年賀状から社会逃避行時代の手紙まで。

若き日の写真には当時の仲間の姿が……。

あぁ、懐かしいな。

10年以上連絡もしていない人たちがいた。

どう過ごしてきて、どう暮らしているんだろうね。

懐かしくって切ない気持ちになってしまった。

ノスタルジックな気分の時は胸が苦しくなる。

 

消えてしまいたくなるような、今のままじゃ嫌だと思う何かが芽生える。

どうしてこうも今に満足出来ないのだろう。

昔が良かったわけでもない。今は今で楽しく暮らしてるはずだ。

なのになぜセンチメンタルになるのだろう。

 

悔しい。

叫んで力いっぱい発散して、思いっきり笑いたい。

やはり変化が欲しいのだ。

 

今の生活を初めて3年。

新たな動きが欲しくなる年月である。