ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

腐った時間

スカッとしない時期になってきた。
精神の状態は部屋の清掃度によく表れる。
やらなきゃいけない事があるのに、片付けも出来ない状態では何も手がついちゃいない。
散らかり放題の部屋。
人も呼びたくないし、毎日いつの間にか夜中になってしまっている。
 
仕事場でのポテンシャルは下がる一方で、この先も嫌な思いばかりをしてゆくのだろうと思ってしまう。
収入にはさほど不満はないが、立ち位置というか、業種の弱さがこれからもずっとつきまとうんだろうなと思ったら、続ける意味があるのかどうか悩んでしまう。
 
すべてを賭けて挑めばいいのだろうけど、そんなものは見つからないままだ。
感覚でしか言い表せないから確固たる信念があるわけでもない。
ダメな奴と言えばその通りなんだけど、感覚を突き進んでいいものかどうかも悩む。
曖昧な目標ではたどり着くどころか、半端で迷子になって立ち往生するのがオチだ。
 
仕事、女に楽しみがなくなりつつある。
健康もいまいちな様子だし、金もなく睡眠不足でダラけている。
スカッとしない日々に落ちてしまっている。
 
動かないといけないな。
ありがたいことに餌がぶら下がってるんだよな、今。
喰い付く元気がなくてね……、なんて言ってられない。
 
くそっ、ドツボにはまってしまいそうだ。
「どうして俺はこうなんだ!」まで落ちてはいない。
部屋を片付けなくちゃ話にならんな。
 
無駄に過ごした時間の中に「ラグタイム」を知る。
なんとも素敵な音楽。
それだけが今日の価値かな。