ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

チムニー道

f:id:nakanola:20130416171928j:plain
天気が良い休日だったので、チムニーくんのお墓参りに行く。
自転車で40分くらいかかるかな? 
福浜ってとこの砂浜にある。
墓なんかはないんだけどね、埋めた場所は木の根元。
 
懐かしの道を通って、別に用事もないのに懐かしい地区を通ってみた。
今日は気分が曇ってたんだ。
悪くはないのだけれど、決して良くはない曇り空の様な重い気分。
最近はそんな調子が続いてる。
 
頭の中は過去の思い出ばかり。
「あれは何年前だったかな」とか、「この道は綺麗になったな」とかね。
忘れてた近道を徐々に思い出してくのは楽しみでもあった。
変わりない通りや建物の方が新鮮に感じたのは何故だろうかね?
久しぶり過ぎて感動したのかもしれないな。
 
死んだつもりでやってみようと思った時期があった。
大した覚悟でもなかったわけだが、そのままぬるぬると生き続けてしまっている。
若い時の情景で記憶が甦り、今の自分に軽くため息をつく。
「何をやっているんだ」とは思わないんだけど、「若い時に気づく人はすごいな」と思った。
二十歳そこそこでもちゃんと気づいてる人はいるんだよなぁ。
まったく気づいてなかった自分にため息が出た。
心が泣いたよ。
 
チムニーというハムスターは2年ちょっとを共に過ごした家族。
僕の手のひらの上で息を引き取って随分と経つ。
ちょこちょこと墓参りをするのだが、未だに良い知らせを報告する事はない。
自分の心をリフレッシュしに行ってるような感じがするな……。
動機が不純だわ。
 
自分は何者なのか?
 
これをしっかり持って今を生きなきゃやってこない。
泣き言を吐くばかりの世界では、何もやってはきやしない。