ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

姿なき影の重み

f:id:nakanola:20050419190902j:plain

日頃の疲れもあったのだろうか、珍しく休日の昼間に眠くなってしまった。

畳んだ布団を枕にして毛布を被って眠りに落ちていた。

軽い睡眠だったんだろう。ぼんやりとした意識があった。

目覚めてはいないのだけれど感じ取ることができる。

 

誰もいるはずのない部屋。

そのはずだったんだけど、足元を誰かが横切る。

たしかに質量を感じたんだ。あれはどう考えても人が歩く重み。

そしてそれは僕の横に枕を置く。あるはずのない枕を置いて横になっていた。

何か言葉を交わしたのかもしれないが、もう忘れてしまった。

やり取りの後、それは僕の上に覆いかぶさってきた。

乗っかる感じだったが、物体がないものだから沈み込んでくる。

僕の体に溶けるように沈みこんできた。

手足がじんわりと痺れだし、金縛りに掛かったみたいに動けなくなっていくのがわかる。

恐怖を感じた僕は声を発して縛りから抜け出す。

 

目が覚め、夢とは違う感覚を味わっていたのだと思った。

誰もいないが、誰かいたんだ。姿は見えなくても女だとわかった。

そこにいたであろう誰かに話しかけてみる。

「今、そこにいたよね? 別にいいんだけど、ちょっと苦しかったよ。金縛りみたいで怖かったよ。

何か伝えたい事があるのなら聞くし、どこか連れてって欲しいなら行くよ。話したいなら話そう。

ここに紙と鉛筆置いておくから何なりと書いておくれ。僕はもう一回寝るから」

そう言ってまた目を閉じる。

 

声に発しても心で思っても一緒かなと思ったので、口に出さずに話しかけてみた。

『女の子だと思うけど、僕に見えるように実体化できるのかな? イメージした通りになれるのなら、怖いのはなしでお願いね。ビビるから』

それからの眠りには現れなかった。

紙には何も書かれていなかった。

 

夜になり、いつも通りに眠りにつく。

うっすらと意識だけが目覚める。昼間と似た感じだ。

何となく昼間の誰かがやってきそうな気がした。

僕は左向きになりその子を誘ってみた。

ふんわりと気配を感じたからいるんだろう。

僕の背中にくっついて眠るように優しく触れていた。……様な気がした。

昼間みたいな恐怖はなく、入り込んでくる事はなかった。

 

どうしてだろうか、女の子と添い寝している気分になった。

まぁ、女の子なんだろう。

見えもしなけりゃ触りもできない。……なのにそう思った。

僕は上を向いて腕枕をしてあげた。

それから静かに話をしたと思う。こちらからの一方的な会話だったと思う。

心で喋っている感覚だった。

だんだんと意識が強くなって、心の声がいつもの声に変わっていったのを覚えている。

表現に難しいが、心で喋れなくなっていく感じだ。

トンネルを抜ける時の印象に似てるかもしれない。

それと同時に腕の中にいた存在の重みが軽くなっていった。

 

完全に目が覚めてしまう。

横には誰もいない。いた形跡も何もない。

時刻は午前三時を終えようとしている。

 

誰もいなかったし、僕はひとりで寝ていただけ。

……とは思えない。