ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

進歩なき恋愛

f:id:nakanola:20140129071944j:plain

どうにも恋愛というものに落ちる事が出来ない。

興味が湧き、好きと思う気持ちが強くなると同時に生まれる願望。

「こうであって欲しい」よりも「こうであったら嫌だ」という願望。

 

完全無欠の人間なんていないと分かっちゃいるけど、ショックを受けて悲しくなってしまう。

相手との「正しさ」の違いなのかな。

ずっと前からこの気持ちを知っていたし、ろくなもんじゃないと思ってる。

頭の中で広がる嫌悪感は邪魔だ。

そいつがけっこう居座ってしまうもんだから苦しい。

 

気持ちを持つ事は良いのだが、そう長く悩んでいるのは時間の無駄になる。

さっぱりとした頭脳になりたいもんだ。

表に出さなくなってきたが、内面は悩んでばかりの日々だ。

 

つい最近、気になってきた娘がいたのだけれど、どうにも嫌だと思う部分があった。

ひとつ、ふたつ……みっつめの事実を知った時、興味が失せていく自分がいた。

そして、好きという気持とのぶつかり合いが悩ませる種になっていった。

 

割り切って考えてしまえば良いだけ。

知り合った頃の気持ちに戻すだけで良い。

恋愛感情なぞ持ち込むから関係に圧力が掛かる。

 

 

と、考えてたのは何年前からかな。

あんま進歩してねーなぁ……。

とことんつまんねー悩みだわ。