ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

恋する者の心の形

f:id:nakanola:20150104154051j:plain

数ヶ月前から付き合いだした二人がいた。

付き合いだす前とそう態度に変わりはなく、自然体で付き合っているんだなといった印象。

 

友人達と数時間わいわいと酒を飲んで解散し店を出る。

彼氏が彼女へ接する態度に冷たさなどはなかったが、酒が入り感情的になった彼女は寂しさを悲しみへ、そして怒りへと変えていってしまった。

 

彼女はフランクな人間。

異性に対する接し方は少し距離が近い。

彼氏がそこに機嫌を損ねてる様子はないが、本音はどうだかわからない。

多少なりにも態度に表れていたのかもしれない。

 

店を出てからの二人は何を言い合ったのだろう……。

彼女は泣きながら独り歩き出す。

忘れ物を友人が彼氏へ届けるまで立ち尽くしていた。

『何が悪かったのだろう。怒らせるような事を言ったのだろうか?』

 

ほんの少しのきっかけになった忘れ物。

それを受け取り彼女を追いかけて引き留める。

冷たい風が吹く中での数秒間、気持ちに取っ掛かりが出来ていた様だ。

二人は抱き合いながら感情を落ち着かせていった。

 

憔悴した表情と安堵の表情がそれぞれの顔にあった。

めでたしめでたしである。

 

それを駅の自動販売機の陰で見守っていた友人は、二人の始終を目の当たりにして心の温まりを感じていた。

夜道は寒かったが、人恋しさを胸に街道へ消えていくのである。