ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

最高の予想

大晦日から寒さが厳しくなり、防寒具が必要になった。
今まで持ってなかったわけじゃないけど、その場しのぎの品ばかりだったからね、
ちょっとデザインを見てみようとしたわけだ。
 
写真のジャケットはたった2日間しか手元になかった幻の中綿ジャケット。
実際着用したのは1日だけだ。
 
不備が見つかり、それを選び抜いた自分を悔いた。たしかに悔いた。
まさに「シラケ」と自分への「怒り」と「情けなさ」のカオス。
何年たっても同じなのか……。そう思っていたんだ。
 
1万2千円。
たいした金額じゃないけど、使い道がけっこうある金額。
捨てる覚悟で買った店へ。
 
最悪の予想では、
「それはそういうモノなんで、しかたありませんよ」
返品も交換もナシ。
そん時は商品投げ捨てようと決めていた。
 
大きく反してこうだった。
「すぐに取り替えます。――別のにしますか?」
そんで値切った金額を正直に伝えると、買った品物の金額より高い品物と交換してくれた。
これはすごい出来事だった。
 
はっきり言って感動しちまった。
今年はいきなり躓くかと思ったが、なかなかどうして、大きくジャンプしたよ。
『KLEVE』とかいう店だったかな。覚えておこう。
 
行ってよかった。
行動してよかった。
面倒臭がらずに動いてよかった。
 
 
まぁ、イラっとした出来事も一つあったけども……。
それはまた次の日記で書くとしよう。