ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

体と心

体がつながり、心がつながり、二つは一つになったかと言えば、まったくもってそうじゃない。絵空事だ。
寂しさを感じる時は感情が相手とリンクしない場合の反発力。
磁石の同極の反発力のように絶対にくっつかない。離れようとする力。
 
『住む世界』
まさにこれだ。住む世界が違う。人間の質が違う。
求め合うものが1から10まで同じであるはずがない。せいぜい5。いや……3。よくて6か。
押し付けてはならないのだ。
 
存在するのは自分の力でやるもんだ。
ジメジメしてんなナメクジ野郎。
ちょっと弱くなってきてんじゃないの? 今一度、ブコウスキーの本を読め。綺麗に生きなくたっていいよ。元が汚れてんだから。
全てを手に入れようと思うな。欲張るんじゃない。明日に生きるより、今日を生きろ。
明日は死ね。
  
ま、そんな度胸がない俺は、休みが晴れてない事にやる気を失っているヘボだ。
好き勝手な感情があっての人生だ。相手に合わす人生なんてウマイ訳がない。
野心や野望を持ってこその協調性だ。
 
戦いは、光の場所を教えてくれる。