ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

生涯の愛人

あの娘が帰っていった。
昨日の事だ。
約2ヵ月間の同棲生活に終止符を打ち、2ヶ月前の生活に戻る。お互いに元の環境に戻る。
とっても寂しい。家に帰ると淋しい。何かが足りない。足りてない気がするんだ。
こんなに淋しい暮らしをしてたんだっけ? と思うくらいに足りてない。
写真は彼女が帰る直前の二人。(……をのせるつもりやったけど、彼女からNG)
 
「好き」だけじゃダメなんだなって思った。
 
彼女と暮らしていた時間が幸せだった。こんなにも時間が流れるのが哀しいものかと感じたんだ。久々に泣いた。
『生涯の愛人』です。愛してます。
これから二人の人生の中でお互いがどう作用してゆくのかが楽しみであり、知らない方がいい未来が待ち受けているのかもしれないのが恐ろしくもある。
一緒になりたいほど好きだけど、一緒にならせていただけない暮らしをしている俺は、彼女と結婚する事は許されない。
夫婦になれないけど愛している。「愛人」たる所以だ。
  
少し心を休めてみようと思う。
落ち着いてないのがわかる。少し時間が必要なんだろう。何をしたら楽しいのかがわからない状態だから。
自分がどこに居たらいいのかがわからない。
 
また、友達を訪ね歩く旅をしたいな。
お金さえあればね……。