ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

デリるれろ

最近キンタマが重いなぁ、と溜まりに溜まったものを吐き出したく電話をとる。
 
博多妻M。
興味惹かれた『すっぽんコース』

これはおもろそうだ!
イッた後の敏感なお年頃の愚息をさらに攻めるすっぽんコース。
 
耐えられるのだろうか?
ワクワクしてデリってみる。
 
可愛らしいミセスをお願いした。
やってきたのは綺麗なミセス。

んー、まぁいいか。
なんともチンポの似合う女性だった。
これ褒め言葉ね(笑)

若いだけの女と違い、事の運びがスムーズである。
全く気兼ねしない流れだった。
 
自然な流れで裸になり、シャワーを浴び、チンポを洗われる。

触り方が優しくていやらしい。
あっという間に勃起。
大丈夫なのか、我が息子。
 
『すごいかたいね』
 
チンポに軽くご挨拶のチュッをしてすっぽんコースの始まり始まり。

ふんわりと包み込むフェラチオ技術の持ち主だった。

や、柔らかすぎる。
チンポだけがどこか遠くの世界にいってたみたい。

舐めてる顔がまた色っぽいんだなぁ。

フェラチオが好きというよりチンポが好きといった感じかな。
 
手でしごく事はなかった。
まさにすっぽん。
とろけるフェラチオ。

 
噴火シグナルは急にやってきた。
「もうイキそう」
なんて言ってる隙はない。
「あっ、イク」
めっちゃ大量だったと思う。
 
さてさて、こっからがすっぽんコースの醍醐味。

ドカンと精液を出したチンポは落ち着きを取り戻し始めるのだが、
その期を逃さないのがすっぽんフェラチオである。
 
やわやわになったチンポにしゃぶりついてくるんだもん。
戦士に休息などない。
直ぐにゴングは鳴らされてしまう。
 
チンポ好き人妻の愛撫によって蘇り始める性なる剣。
刺激に敏感な時が終わり、ただただ気持ち良い至福のひとときに変わる瞬間が実感出来るのも発見だったかな。

二度目の発射を終えての一言に感動したんだ。
 
『すごいね、アナタのおちんちん』
 
わけを聞いてみた。
 
普通は休息入れないとなかなか復活しないものと。

嬉し恥ずかし連続射精でございました。
何より『お兄さん』やなくて『アナタ』ってのがジーンときたもんな。
 
ここで終わらないのがすっぽん。
ぶっ続けでフェラチオ。
「疲れないの?」
『もっと長い時間コースがあるから平気よ。私の事を気にしてたらイケなくなるから、私の事は気にしないで』

 
続く……