ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

期待したくありません

タイミングが問題やと思う。
良くも悪くもこれ次第って事だ。
『罪を憎んで、人を憎まず』
いいや違う。
『罪を憎まず、人も憎まず』
何かを憎もうと探すんじゃないよ。
タイミングが悪かっただけなんだと思えばいい。
 
『期待』ってのが好きじゃなかったりする。
「人間の可能性は信じてるけど、人に期待はしたくないもんです」
期待したくないのは言葉の裏事情があるから。
嫉妬や裏切りなんかの感情が生まれるから期待はしたくない。
そんで人はすぐに裏切る。
 
裏切り自体を罪とするならば憎む訳にもいかない。
タイミングが悪かったんだと自分に言い聞かせるだけ。
乾いた風が心に吹くのだが、意外と心地よい切なさがある。
 
そんなもんかと落胆する必要もない。
存在価値がわからないと嘆くこともない。
人を信じなくてもかまわない。
期待しなきゃいいやないの。
 
自分の可能性をも否定しつつ生き続ける人間。
タイミングが合えば楽しく生きてけるよ。
憎んでも嫉んでも一緒。
どこかで期待する気持ちを捨てないとドツボにはまるんやないかな。
 
人間が一番期待できん。