ぐて書き 第二期

良いところも悪いところも全部ひっくるめて自分なんだから、ここにぐて書きして記憶を残しておこう。

裏切るつもりはない。

期待をされる事が嫌いだ。
表面しか見えていないから、僕の本当を知らないのに、押し付けの期待はストレスなのだ。
その期待に副えない時の申し訳なさは、
「もうワタシは裏切り者になってしまったのですね」
の心境で嫌な気分である。
 
小さい時からそうだったんだ。
親に親戚に学校の先生に、…………友達に。どこでどうしてたって嫌なもんだった。期待されると嫌だった。
『なんで?』と思われる事が嫌いなのかな。『どうしてそうなの?』がうるさくてかなわん。「ほっといて」となる。
人の嫌がる事をしてしまうと心が痛む。自分の一言一句で嫌な思いをさせたんだなって感じると消えなきゃいけないと思う。
「人を傷つけた」事が怖かった。
 
この思い、そろそろ「選択事」が現れる前触れだ。
選択回数が多いなと自分で思う。選択肢は少ないのに、何回も何回も選択場面が現れる。非常に疲れるんよね。
気力が足んない。
つまり、生きてるだけでやる気がでない。
失礼な男になりかけている。